当ウェブサイトのすべてのコンテンツをお楽しみいただくためには、Adobe® Flash® PlayerとJavaScriptの機能を有効にする必要があります。
ブラウザの設定でそれぞれの機能を有効にしてご覧ください。
Adobe® Flash® Player(無料)のダウンロードはこちら

Polo Meister

Volkswagen オールイン・セーフティ

小さなボディには、大きな安心がつまっています。

いくら気をつけて運転していても、ヒヤッとする思いをしたことが誰にでもあるはずです。
どんな場面でも乗員や歩行者の安全を最優先する。
そのためにVolkswagenでは、すべてのクルマに世界トップレベルの安全技術を標準装備。
総合安全理念Volkswagen オールイン・セーフティのもと、
予防安全・衝突安全・二次被害防止の3つのステージで総合的に危険を回避する数々の技術を搭載しています。
たくさんの「安全」を標準装備したPolo Meisterが、あなたのカーライフをより快適で楽しいものにします。

アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)

安全な車間距離を常にキープ。

クルーズコントロールにレーダーセンサーを組み合わせたシステムです。高感度なレーダースキャンにより先行車を測定。あらかじめ設定されたスピードを上限に自動で加減速を行い、一定の車間距離を維持することで、長距離走行などでのドライバーの疲労を低減させます。またこのシステムは渋滞などの低速域でも作動し、先行車が完全に停止する
までの範囲で制御が可能*。作動状況はメーターディスプレイで視覚的に確認できます。
*:本機能は先行車のゆるやかな減速に対応するものであり、急ブレーキによる減速に対応するものではありません。
※起動速度:30km/h以上 作動速度:0km/h以上
TSI Highline Meisterに標準装備

※このシステムは追突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。

※イラストは機構説明用につき実際とは異なります。

プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(シティエマージェンシーブレーキ機能付)

前方の車を探知して衝突被害軽減をサポート。

全速度域においてレーダーで前方の車両との距離を検知。衝突の危険が予測される場合には、制動距離の短縮化を図るため、ブレーキ圧を高めてスタンバイ状態を保持するとともに、ドライバーに警告音・警告灯による注意喚起を行います。その際、ドライバーが回避操作を行わない場合には、システムが自動で車両を減速させて衝突の被害を軽減します。また時速30km未満での走行中にはシティエマジェンシーブレーキ機能が作動。自動的にブレーキを作動させて危険を回避、あるいは追突の被害を軽減します。
※作動速度:5km/h以上
※このシステムは追突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
※イラストは機構説明用につき実際とは異なります。

リヤビューカメラ“Rear Assist”

バック時の後方視認をサポート。

ギヤをリバースに入れると車両後方の映像を映し出します。画面にはガイドラインが表示され、
車庫入れや縦列駐車などの際に安全確認をサポートします。

ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”

運転の疲れを気づかせてくれる。

ドライバーのステアリング入力や角度をモニタリング。疲労や眠気による急なステアリング操作など、通常の運転パターン
と異なる動きを検知して、表示と警告音で休憩を促します。
※このシステムはドライバーの疲労をどのような状況でも検知できるわけではありません。カーブ走行時、車速、道路、天候状況によってはご使用になれない場合があります。
※モニター画面はイメージです。

ESC*

横滑りなどをコントロールしてサポート。

走行時の予期せぬ障害物の回避や滑りやすい路面での横滑りを防ぎ、走行安定性を高めます。センサーによりクルマの不安定な挙動を感知すると、多くの電子制御機能をコントロールしてブレーキやエンジン出力を統合制御。
走る歓びを先進の技術で支えます。
*:ESC=エレクトロニック・スタビリティ・コントロール
※このシステムは追突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
※イラストは機構説明用につき実際とは異なります。

スタティックコーナリングライト

ウインカーと連動して点灯。

低速でカーブを曲がる時に、ウインカーと連動して点灯。
交差点での歩行者の確認がしやすく、歩行者側に注意を促すこともできます。ロービームの際、時速40km未満で作動します。
※このシステムは追突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
※イラストは機構説明用につき実際とは異なります。

6エアバッグ

もしもの衝突時、衝撃を和らげる。

合計6個のエアバッグを標準装備。運転席/助手席の「フロントエアバッグ」、前席の「サイドエアバッグ」、サイドウインドー全体を覆う「カーテンエアバッグ」を採用し、クラストップレベルの乗員保護性能を備えています。

※イラストは機構説明用につき実際とは異なります。

高剛性ボディ

高い安全性と安定した走りをもたらす。

レーザー溶接や超高張力鋼板の採用などにより高剛性化と軽量化を両立。安全性はもちろん、優れた走行安定性と静粛性を実現しました。またボディには衝撃吸収構造を採用。衝突エネルギー吸収構造材・エネルギー分散構造材を組み合わせたクラッシャブルゾーンと頑強なフレームで囲まれたキャビンが衝突時に高い乗員保護性能を発揮します。

※イラストは機構説明用につき実際とは異なります。

フォースリミッター付シートベルトテンショナー

事故の瞬間、ベルトをタイトに締める、そして緩める。

衝突時、シートベルトを瞬時に巻き上げて身体をしっかりと支え拘束効果を高めます。その後、フォースリミッターがベルトを緩め、必要以上の負荷がかからないようにします。

※イラストは機構説明用につき実際とは異なります。

ポストコリジョンブレーキシステム

衝突後の、さらなる多重事故に備える。

衝突の危険を最大限回避する機能を搭載するとともに、起こってしまった事故の被害を最小限にとどめる。そのための備えが、ポストコリジョンブレーキシステムです。これは、衝突や追突時の衝撃をエアバッグのセンサーが検知することで作動。自動でブレーキをかけて車両を時速10km以下になるまで減速*させ、対向車線へのはみ出しによって起こる多重事故の危険を低減させるシステムです。もちろんドライバーの操作でブレーキを解除することも可能です。
*:車両は最大0.6Gの範囲内で減速されます。
※ポストコリジョンブレーキシステムの制御には限界があります。このシステムは追突などを自動で回避するものではありません。また、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。システムを過信せず、十分な注意を払い安全な運転を心がけてください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
※イラストは機構説明用につき実際とは異なります。

エマージェンシーストップシグナル

後続車に急ブレーキをお知らせ。

高速走行時*に急ブレーキをかけると、ブレーキランプが自動点滅して後続車に緊急制動を知らせます。そのまま時速
10km以下になるとハザードランプ点滅に自動切替。点滅は再加速または手動操作で解除できます。
*:速度は路面やタイヤなどの状況により左右されます。走行時は法定速度を厳守してください。
※写真は一部実際と異なる場合があります。

LEDヘッドライト

フルLEDのヘッドライトを標準装備。

高い視認性を確保しながら、消費電力の少なさと長寿命を実現させたヘッドライトです。
※写真は一部実際と異なる場合があります。

フォグランプ(フロント/リヤ)

クルマの基本となる安全装備も充実しています。

濃霧や雨などによる悪天候時の視界確保と、後続車への注意喚起に役立ちます。

※写真は一部実際と異なる場合があります。

オートライトシステム/レインセンサー

フロントウインドー上部のセンサーで車外の明るさや雨を感知。

オートを選択すれば、自動でヘッドライトを制御し、ワイパーの作動間隔を調整します。
システムを過信せず、十分な注意を払い安全な運転を心がけてください。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
※写真は一部実際と異なる場合があります。

自動防眩ルームミラー

後続車両のヘッドライト光量に応じて、自動的に反射光を軽減します。

※これらのシステムは衝突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。
システムを過信せず、十分な注意を払い安全な運転を心がけてください。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
※写真は一部実際と異なる場合があります。

Volkswagen純正ナビゲーションシステム“716SDCW”

スマートフォン感覚で使いこなせるタッチパネル・ディスプレイや、自然な対話で目的地を設定できる音声認識機能「Intelligent VOICE*1」に対応したAVナビゲーションシステムです。

ナビにはITSサービスに対応した「ETC2.0対応車載器」を採用、VICSワイドと合わせてリアルタイムの交通情報で効率的なルート検索を可能とします。無料地図更新(3年間)により最新の道路情報取得も容易に行えます。さらに、フルセグ地上デジタルTVチューナー*2、iPod(R)/iPhone(R)*3/USBメモリー/音楽再生対応(MP3、WMA*4、AAC)*5、動画再生(MP4、WMV、H.264)*6、Wi-Fi MiracastTM再生*7や、スマートフォンアプリで機能を
拡張できる「Smart Access 4Car*1」にも対応。直感的な操作と多彩な機能で、楽しく快適なドライブを実現します。
*1:Intelligent VOICEおよびSmart Access 4Carはクラリオン株式会社の商標または登録商標です。
*2:安全のため、走行中は本機モニターで地上デジタルTVやDVDの映像を見ることはできません。音声のみとなります。
*3:iPod(R)、iPhone(R)は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhone(R)の商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
*4:著作権保護されているWMA(Windows Media(R)Audio)形式の音楽ファイルは再生できません。
*5:DVD-R/CD-R/CD-RWやSDHCメモリーカードに記録された音楽ファイルの直接再生が可能です。
*6:USBメモリーやSDメモリーカードに記録された動画ファイルの再生が可能です。
*7:Wi-Fiスマホリンクに対応したAndroid™スマートフォンのみ対応となります。

※写真は一部実際と異なる場合があります。
※モニター画面はイメージです。

レザーマルチファンクションステアリングホイール

レザーマルチファンクションステアリングホイール

選局や曲送り、音量などのオーディオ機能がステアリングから手を離さずに操作でき、快適なドライビングをサポートします。またメーターディスプレイで表示される、各種メニュー機能の操作や“ACC”等アシスト機能の設定が可能です。
Photo:TSI Highline Meister

※写真は一部実際と異なる場合があります。

パドルシフト

パドルシフト

ステアリングから手を離さずに、指先の操作だけでシフトアップ・ダウンを可能にします。
TSI Highline Meisterに標準装備

※写真は一部実際と異なる場合があります。

フルオートエアコンディショナー

温度を自動で調整。

快適な室内環境を保ちます。

※写真は一部実際と異なる場合があります。

フレッシュエアフィルター

二重構造の高性能フィルターが花粉や細菌、ホコリ・チリなどを効率よく除去。

常に快適で安全な車内環境を維持します。

※写真は一部実際と異なる場合があります。

シートヒーター

運転席と助手席には、座面を暖めるシートヒーターを内蔵。

寒い日にも快適なドライビングをサポートします。
TSI Highline Meisterに標準装備

※写真は一部実際と異なる場合があります。

収納スペース

センターコンソール前後の合計3個のカップホルダーをはじめ、ペットボトルを収納できるドアポケットなど、随所に便利な収納スペースを確保しています。

また前席にはセンターアームレストを装備。内部には小物を収納できます。

※写真は一部実際と異なる場合があります。

カミングホーム&リービングホーム

夜間など暗い場所での乗降時に、ヘッドライトや室内灯が一定時間点灯。

足元を明るく照らします。

Photo:Polo TSI Highline Meister ボディカラー:ペッパーグレーメタリック(U5)
※写真は一部実際と異なる場合があります。

ラゲージルーム

たくさんの買い物や大きな荷物があるときも安心の280L*の充分な容量を確保。

さらに分割可倒式の後席シートの背もたれを倒せば、952L*ものフラットな大容量スペースが出現。背もたれは60:40に分割して倒すことができ、荷物の大きさや形に合わせてさまざまなアレンジが可能。使い勝手のいい空間が、生活のさまざまなシーンに応えます。
*:ISO測定法による。ドイツ公表値。

※写真は一部実際と異なる場合があります。

メイクアップミラー

前席左右のサンバイザー裏側には大型のミラーをセット。

照明付なので周囲が暗くても快適に使用できます。

※写真は一部実際と異なる場合があります。

UVカットガラス

紫外線を軽減するUVカット機能付ガラスを採用。

日焼け対策のわずらわしさを解消します。

※写真は一部実際と異なる場合があります。

1.2L TSI(R)エンジン

直噴技術と過給機を組み合わせ、燃費を向上させながら力強いパフォーマンスを発揮するTSI(R)エンジン。

その中でも軽量化と効率を極限まで突きつめたのが1.2LTSI(R)エンジンです。DOHC(4バルブ)エンジンをアルミブロックで構成することにより、単体重量の軽減に成功。またパーツの小型化など各部を改良することで、さらなる高効率と低燃費を実現しました。
最高出力:66kW(90PS)/4,400‐5,400rpm(ネット値)
最大トルク:160Nm(16.3kgm)/1,400‐3,500rpm(ネット値)

※写真は一部実際と異なる場合があります。

7速DSG(R)トランスミッション

DSG(R)は2つのクラッチをもち、切れ目のない滑らかな加速を実現するトランスミッションです。

コンパクトカーに多く搭載
される、CVT*やオートマチックトランスミッションに比べて、エンジンが生み出すパワーを無駄なく駆動輪に伝達。発進時
の加速がよく、高速走行時にも優れた燃費性能を実現します。
*:ギヤセットを使用せず、摩擦により駆動力を伝達するトランスミッション。

※写真は一部実際と異なる場合があります。

BLUEMOTION TECHNOLOGY

“Start/Stopシステム”、“ブレーキエネルギー回生システム”

・Start/Stopシステム
アイドリングストップ技術により無駄な燃料の消費を抑えるシステム。信号の多い街中や渋滞時にクルマを停止
させた際、ブレーキペダルを踏みつづけると自動的にエンジンが停止。発進の際はブレーキペダルから足を離せば
スムーズに再始動します。また事故防止のため、運転席のシートベルト解除やドアの開閉などを行った場合には
エンジンを再始動させない安全機構が備わっています。

・ブレーキエネルギー回生システム
車両の運動エネルギーを効率的に利用し、燃費の向上につなげるシステム。走行中、ドライバーがアクセルペダル
から足を離したり、ブレーキを掛けた際に発生する減速エネルギーをバッテリーに充電。逆に加速時は充電のため
のエンジンへの負荷を低減し、無駄な燃料消費を抑えます。

※写真は一部実際と異なる場合があります。
※イラストは機構説明用につき実際とは異なります。