当ウェブサイトのすべてのコンテンツをお楽しみいただくためには、Adobe® Flash® PlayerとJavaScriptの機能を有効にする必要があります。
ブラウザの設定でそれぞれの機能を有効にしてご覧ください。
Adobe® Flash® Player(無料)のダウンロードはこちら

Performance

 

燃費・環境性能

平成27年度燃費基準を達成し、平成17年排出ガス基準75%低減レベルに適合。

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には、この条件(気象、道路、車両、運転、整備などの状況)が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。

アクセルを踏むたびにワクワクが加速する。TSI(R)エンジン。

エンジンを小さくすればエンジン内部の摩擦抵抗(フリクション)も小さくなり、効率が良くなります。

つまり、少ない燃料で走り続けられる。このコンセプトを基に開発されたのがTSI(R)エンジンです。The Beetleに搭載されるエンジンは1.2Lという排気量ながら、空気を効率よく送りこむ「過給機」により1.8Lエンジン*1と同等のトルクを発生。また、「直噴」技術によりエネルギー効率も高まり、驚くほどの低燃費も実現しました。The Beetleに搭載される1.2L TSI(R)エンジンは、その排気量から想像できないパワフルさで1ランク、いえ2ランク上の走りをあなたにお届けします。

*1:当社調べ。

レーシングドライバー顔負けのシフトチェンジを。DSG(R)トランスミッション。

良くできたエンジンに必要なのは、そのパフォーマンスを効率よく伝えることのできるトランスミッションです。

Volkswagenはその答えとして、The Beetleに7速DSG(R)トランスミッションを採用しました。シフトチェンジの際に起こるタイムラグを限りなくゼロ*1に近づけることで、切れ目のないスムーズな加速と高い効率による燃費性能の向上を実現。爽快な走りを楽しむことができます。

*1:0.03~0.04秒/当社調べ。

※イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。