当ウェブサイトのすべてのコンテンツをお楽しみいただくためには、Adobe® Flash® PlayerとJavaScriptの機能を有効にする必要があります。
ブラウザの設定でそれぞれの機能を有効にしてご覧ください。
Adobe® Flash® Player(無料)のダウンロードはこちら

SAFETY

 

Volkswagen オールイン・セーフティ

「安全性能は、すべてに優先する」。

Volkswagenがいつの時代にも掲げているこのテーマを支えるのが、総合安全制御のコンセプトVolkswagen オールイン・セーフティです。「予防」「衝突」「二次被害」の3ステージで総合的に危険を回避。頼れる毎日の安心を乗せて走ります。

写真は一部実際と異なる場合があります。

ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)

リヤバンパー内蔵のレーダーセンサーで、ドライバーから見えにくい、側面と後方の死角を見張ります。

接近している車を検知した場合、方向指示器を操作すると、ドアミラー内蔵の警告灯が点滅して知らせてくれます。約20mの範囲が検知可能です。

[R-Line、2.0 R-Lineに標準装備、Base、Designにオプション設定]

※作動速度 15km/h以上
※このシステムは衝突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。

イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)

駐車位置からバックで発進する時、リヤバンパー内蔵のレーダーセンサーが後方の状況を確認。

死角から接近する車などを検知すると警告音で知らせます。車両が衝突の危険を察知した場合には、自動ブレーキを作動させます。

[R-Line、2.0 R-Lineに標準装備、Base、Designにオプション設定]

※作動速度 1~12km/h 後退時
※このシステムは衝突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。

イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

ESC(エレクトロニック・スタビリティ・ コントロール)

思わずハッとする状況でも横滑りなどをコントロールしてサポート。

未然に事故を回避できるように、横滑りなどを防ぐESCを採用。センサーによりクルマの不安定な状況を感知すると、電子制御機能が連携しブレーキやエンジン出力を総合制御して、サポートします。楽しいドライブを先進技術で支えます。

※このシステムは衝突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。

イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”

ドライバーの疲労や眠気による急なステアリング操作など、通常と異なる動きを検知して、マルチファンクションインジケーターの表示と警告音で休憩を促してくれるシステムです。

※このシステムはドライバーの疲労をどのような状況でも検知できるわけではありません。車速が時速65km未満の場合やカーブ走行時、道路状況、天候状況によってはご使用になれない場合があります。

イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

4つのエアバッグ

もしもの衝突時、衝撃を和らげてくれるエアバッグ

フロントエアバッグと頭部保護機能付サイドエアバッグが、前方/側方からの衝撃に対して優れた乗員保護性能を発揮します。また追突など後方からの衝撃に備えて、むち打ち軽減ヘッドレストも採用しあなたを守ります。

イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

フォースリミッター付シートベルトテンショナー

事故の瞬間、ベルトを タイトに締める、そして緩める。

衝突時、シートベルトを瞬時に巻き上げて身体をしっかりと支え拘束効果を高めます。その後、フォースリミッターがベルトを緩め、必要以上の負荷がかからないようにします。

イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

ポストコリジョンブレーキシステム

起きてしまった事故の被害を最小限にとどめるためのシステムです。

衝突や追突の衝撃をセンサーが検知すると自動でブレーキをかけて時速10km以下まで減速*。対向車線へのはみ出しによって起こる多重事故の危険を低減させます。ドライバーの操作でブレーキの解除も可能です。

*:車両は最大0.6Gの範囲内で減速されます。

※このシステムは衝突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。

イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。