当ウェブサイトのすべてのコンテンツをお楽しみいただくためには、Adobe® Flash® PlayerとJavaScriptの機能を有効にする必要があります。
ブラウザの設定でそれぞれの機能を有効にしてご覧ください。
Adobe® Flash® Player(無料)のダウンロードはこちら

Technology

8速オートマチックトランスミッション

変速時のエンジン回転数の変化を最小限に抑え、効率の良いシフトチェンジでなめらかな加速を実現。

高速域では回転数を低く抑えることができるため、燃料消費量を削減できます。

※写真はV6 Upgrade Package、オプション装着車。
※写真は一部実際と異なる場合があります。

3.6L V6 FSI(R)エンジン

独創の狭角V型レイアウトと、燃料を燃焼室に直接高圧噴射するFSI(R)テクノロジーを融合したパワーユニット。

可変バルブタイミングコントロールや可変マニホールドなどにより、ゆとりあるダイナミックな走りを実現。最高出力206kW(280PS)/6,200rpm、最大トルク360Nm(36.7kgm)/2,900‐4,000rpmと、広範囲に豊かなトルクを発揮します。

※写真は一部実際と異なる場合があります。

BlueMotion Technology

エネルギーを無駄なく、効率的に利用する環境技術“BlueMotion Technology”。

Start/Stopシステム

アイドリングストップ技術により、無駄な燃料の消費を抑えるシステム。

信号の多い街中や渋滞時にクルマを停止させた際、ブレーキペダルを踏みつづけると自動的にエンジンが停止。発進の際はブレーキペダルから足を離せば、エンジンがスムーズに再始動するので走りの快適さも損なわれません。また事故防止のため、運転席のシートベルト解除やドアの開閉などを行った場合は、エンジンを再始動させない安全機構が備わっています。

※イラストは機構説明用につき実際のものとは異なります。

ブレーキエネルギー回生システム

車両の運動エネルギーを効率的に利用し、燃費の向上につなげるシステム。

走行中、ドライバーがアクセルペダルから足を離したり、ブレーキを掛けた際に発生する減速エネルギーをバッテリーに充電。逆に加速時は充電のためのエンジンの負荷を低減し、無駄な燃料消費を抑えます。

※イラストは機構説明用につき実際のものとは異なります。