当ウェブサイトのすべてのコンテンツをお楽しみいただくためには、Adobe® Flash® PlayerとJavaScriptの機能を有効にする必要があります。
ブラウザの設定でそれぞれの機能を有効にしてご覧ください。
Adobe® Flash® Player(無料)のダウンロードはこちら

自動車リサイクル法について

2005年1月から施行された「自動車リサイクル法」(※1)では、これまでの使用済み自動車リサイクルシステムの懸案であったASR(※2)・エアバッグ類・フロン類3品目の引き取り、リサイクルおよび適正処理を各自動車メーカーに義務付けており、フォルクスワーゲンでもかねてから積極的に同法の施行に向けた準備を進め、さらに確実な対応ができるよう、各車種ごとに適正なコストを踏まえた料金体系の検討を重ね、今回の設定に至りました。

なお、フォルクスワーゲンに加え輸入しているベントレー および ロールスロイス(ただし2002年末までの輸入分まで)もフォルクスワーゲン社のリサイクル義務の対象となります。

※1 正式名称=「使用済自動車の再資源化等に関する法律」
※2 ASR:Automobile Shredder Residue (自動車シュレッダーダスト)

 

 

過去に販売されたモデルのリサイクル料金

下記リサイクルシステムのサイトでご検索ください。

最新モデルのリサイクル料金

現行モデルのリサイクル料金表をPDFにて掲載しています。

関係事業者向け情報

関係事業者様向けの回収料金、運搬料金などを掲載しています。

自動車リサイクル法に基づく再資源化等の実施状況について

Volkswagenの再資源化等の状況を公表しております。