当ウェブサイトのすべてのコンテンツをお楽しみいただくためには、Adobe® Flash® PlayerとJavaScriptの機能を有効にする必要があります。
ブラウザの設定でそれぞれの機能を有効にしてご覧ください。
Adobe® Flash® Player(無料)のダウンロードはこちら

フォルクスワーゲン グループ ジャパンとクラリオンによる共同開発駐車支援カメラシステム 『SurroundEye(サラウンドアイ)』がグッドデザイン賞受賞
空から見ているような目線でクルマの周囲を確認。死角を無くします。

「SurroundEye(サラウンドアイ)」は、車体に取り付けた4つのカメラにより車両の周囲を真上から見たように表示する駐車支援カメラシステムです。純正インフォテイメントシステムのモニター画面に、車庫入れや縦列駐車などの後退時に便利な4 つのカメラパターンを表示することを可能にし、一部車種で標準装備されている「オプティカルパーキングシステム」と組み合わせることで、センサーによる警告音と画像表示で車両周辺の安全確認をサポートします。

【4つの画面表示パターン】

車両シフトレバーをR(リバース)にいれると画面を表示し、カメラ切り替えスイッチで下記のように状況に応じて画面を選択できます。また最後の表示ビューを記憶し、次回からも同じ画面で起動ができます。

トップビュー画面
クルマの全周囲の確認ができます。周辺の障害物を 避け、駐車場の白線内にピッタリと停める場合に大変便利です。

トップビュー+リアビュー画面
クルマの全周に加えて、駐車の際に注意が必要な車両後方の映像を映し出します。

サイドビュー+リアビュー画面
ドライバーにとって、特に死角になりやすい助手席サイドと後方を同時に確認できます。

リアビュー画面
クルマの後方のみ映し出します。ガイド線を表示する ので、安心して駐車することができます。

【前後・左右のスペースを明確に表示、あらゆる駐車シーンをサポート】

縦列駐車
前後のクルマとの位置関係(距離)や、縁石との間隔などを同時に確認することができます。

並列駐車
目視できない路上の白線を真上から見ることができ、駐車スペースへの進入角度などが確認できます。

【ワイドビュー機能が後方部分の視界を向上】

リヤ部分に取り付けられた超広角カメラにより後方部分の左右約160°までカバーしたワイドビュー画像を表示します。バックで駐車スペースから出る際など、左右の見通しが悪い場合にドライバーの視認性を大きく向上させます。

【障害物などとの距離を警告音とアニメーション表示で知らせる「オプティカルパーキング機能」と連動】

ひとつのモニターで、サラウンドアイの映す実映像と オプティカルパーキングシステムによるアニメーション表示を同時に確認することができます。

*オプティカルパーキングシステム装備車では、カメラ映像とセンサーイラストの表示が一部重なる場合があります。


※価格やグレードごとの適合及び取り付けに関する注意事項(同時装着不可など)は、フォルクスワーゲン正規ディーラーにお問い合わせください。
※予告なしに仕様及び価格の変更、販売を終了する場合があります。詳しくはフォルクスワーゲン正規ディーラーにお問い合わせください。


【対応モデル】

新車購入時のVolkswagen 純正オプション商品として、下記の対象モデルにお取り付け頂けます。
・価格:11万円(税抜、工賃別)