自動車リサイクル法に基づく再資源化等の実施状況
自動車リサイクル法に基づく再資源化等の実施状況
自動車リサイクル法に基づく再資源化等の実施状況

自動車リサイクル法に基づく再資源化等の実施状況

  1. 自動車リサイクル法に基づく再資源化等の実施状況
自動車リサイクル法に基づく再資源化等の実施状況について

自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)に基づき、当社が、2019年度に実施した再資源化等の状況を公表いたします。当社の公表実績にはフォルクスワーゲン車およびグループブランドであるベントレー車の実績を含みます(報告対象期間:2019年4月1日~2020年3月31日)。
引き続き、使用済自動車の再資源化等の確実かつ効率的な実施のために、一層の取り組みを推進して参ります。

シュレッダーダスト

1.再資源化を実施すべき量に関する基準の遵守状況

項目

2019年度
 (2019/4~2020/3)

シュレッダーダストリサイクル率

95.98 %

引取シュレッダーダスト量

6154.7 t

委託全部利用引渡しシュレッダーダスト相当量

236.4 t

委託全部利用したシュレッダーダスト相当量

236.4 t

リサイクル施設投入シュレッダーダスト量

6,116.6 t

リサイクル施設排出残渣合計

215.1 t

委託全部利用排出残渣合計

4.0 t

シュレッダーダストを投入した施設が基準適合施設であることを証する事項

豊通リサイクル㈱のホームページを参照ください(豊通リサイクル㈱

シュレッダーダストとして引取った台数

26,947 台

受託全部利用に引渡した解体自動車台数

1,038 台

2019年度
 (2019/4~2020/3)

95.98 %

2.収支の状況

資金管理法人(公益財団法人自動車リサイクル促進センター)から払渡しを受けたシュレッダーダストに係る再資源化等預託金の額の総額

323,901,223 円

シュレッダーダストの再資源化に必要な行為に要した費用の総額

252,271,185 円

323,901,223 円

エアバッグ類(ガス発生器)

1.再資源化を実施すべき量に関する基準の遵守状況

項目

2019年度
 (2019/4~2020/3)

エアバッグ類リサイクル率

94.6 %

引き取ったエアバッグ類の総重量

22,805.9 kg

引き取ったエアバッグ類のうちその全部又は一部を原材料又は部品その他製品の一部として利用することができる状態にしたものの総重量

21,568.0 kg

引き取ったエアバッグ類の個数

215,119 個

そのうち解体業者において取外し回収処理されたエアバッグ類の個数

37,716 個

そのうち解体業者において車上作動処理されたエアバッグ類の個数

177,403 個

引き取ったエアバッグ類に係る使用済自動車の台数

26,734 台

そのうち解体業者において取外し回収処理された使用済自動車の台数

5,124 台

そのうち解体業者において車上作動処理された使用済自動車の台数

20,572 台

そのうち解体業者において未作動エアバッグ類の一部を取外し回収し、残りを車上作動処理した使用済自動車の台数

1,038 台

2019年度
 (2019/4~2020/3)

94.6 %

2.収支の状況

資金管理法人(公益財団法人自動車リサイクル促進センター)から払渡しを受けたエアバッグ類に係る再資源化等預託金の額の総額

136,973,767 円

エアバッグ類の再資源化に必要な行為に要した費用の総額

99,635,860 円

136,973,767 円

フロン類

1.破壊の実施状況

項目

2019年度
 (2019/4~2020/3)

引き取ったCFCの量

14.7 kg

引き取ったHFCの量

6,469.2 kg

引き取ったCFCに係る使用済自動車の台数

102 台

引き取ったHFCに係る使用済自動車の台数

26,262 台

2019年度
 (2019/4~2020/3)

14.7 kg

2.収支の状況

資金管理法人(公益財団法人自動車リサイクル促進センター)から払渡しを受けたフロン類に係る再資源化等預託金の額の総額

63,479,945 円

フロン類の破壊に必要な行為に要した費用の総額

47,232,247 円

63,479,945 円

物品合計での収支状況

資金管理法人から払い渡しを受けた再資源化等預託金の総額

524,354,935 円

うち預託金利分

 

64,616,552 円

再資源化等に必要な行為に要した費用の総額

399,139,292 円

うち社内費用(システム費)

2,438,808 円

うち社内費用(人件費)

24,544,529 円

収支 ①

125,215,643 円

524,354,935 円

参考:再資源化等の運営に要したインポーター負担金等とインポーターとしてのリサイクル全体収支

自動車リサイクル促進センターの運営関連費用

7,552,175 円

ASRリサイクル関連費用

7,971,203 円

合計 ②

15,523,378 円

インポーターとしての全体収支(①-②)

109,692,265 円

7,552,175 円

(単位:円)

自動車リサイクルに関する一般的なご質問は、「自動車リサイクルシステム」のホームページをご覧ください。

自動車ユーザー関連
事業者関連

Disclaimer by Volkswagen
【見積りシミュレーションの月額表示について】
※見積りシミュレーションに表示される月額は残価設定型ローン ソリューションズにて算出しています。
※見積りシミュレーションに表示される金利・お支払い金額はあくまで参考例です。
※ソリューションズ提供会社はフォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社になります。
※表示された金利が適用されるのはフォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社の指定モデルに限ります。
※ご購入条件、登録時期、モデル・グレード等により別の金利及び別の据置価格が適用される場合もございます。
※お支払いプランにかかわる諸条件につきましては予告なく変更されることがございますのでご注意ください。
※「新車にお乗換え」「ご使用車両のご返却」の場合は、最終回のお支払いは不要となりますが、その際の車両の状態が事前に定められた規定外であった場合は、据置価格(最終回のお支払い額)と査定価格との差額分を別途ご負担いただきます。
※残価(最終回のお支払い額)を再分割でお支払いの場合の適用金利(実質年率)は、その時点での通常金利(実質年率)となります。
※再分割には当社所定の審査が必要となります。審査結果によっては再分割ができない場合がございます。
※再分割の対象金額(元本)は残価、据置額となります。頭金等の充当は承れません。
※通常金利は36回まで3.69%、60回まで3.79%、60回超で3.89%となります(2020年1月時点)。通常金利は予告なく変更される場合がございます。
※ソリューションズご利用額は万円単位となります。10,000円未満の端数は頭金に組み込まれます。
※実際の適用金利や適用期間等諸条件に関する詳しい内容は、正規ディーラーまでご確認下さい。
※一部お取扱いのない販売店もございます。
※ 掲載されている写真およびイラストは日本仕様と異なる場合があります。また、有料のオプション装備を装着している場合があります。
※ オプション設定の詳細につきましては、主要装備表をご確認ください。
※ 記載の仕様、諸元は予告なく変更することがありますのでご了承ください。
【見積りシミュレーションの価格表示について】
※シミュレーション金額はご参考価格です。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
※表示のリサイクル料金は生産時期によって変わることがありますので、詳細は正規ディーラーまでお問い合わせください。
※ディーラーオプションの表示金額は商品本体の価格です。ETCセットアップ費用、取付工賃、塗装費用、タイヤ購入費(インチの異なるホイールを選択した場合)などは含まれておりません。別途それらの費用が必要となります。
※ディーラーオプションは予告なく仕様ならびに価格の変更および販売を終了する場合がございます。
※ディーラーオプションは在庫状況により、バックオーダーとなる場合がございます。
※本ウェブサイト内では選択可能なオプションが実際は選択できない、また逆に本ウェブサイト内では選択不可能なオプションが実際には選択できる場合があります。
※販売諸費用は正規ディーラーが独自に定めており、本ウェブサイトでの表示価格は参考価格です。
※自賠責保険料は、適用地域別(本土、沖縄、本土離島、沖縄離島の別)、車種別、保険期間別に定められています。本ウェブサイトでは、本土地域の自家用乗用37ヶ月で計算した参考価格です。
※画面に表示された価格、または画面自体をプリントアウトしたものに印刷された価格は、販売価格としての効力を有しません。
※表示価格は2020年1月1日現在の消費税込みメーカー希望小売価格(参考価格)です。オプション装着価格、付属品価格、保険料、税金(消費税を除く)、登録に伴う諸費用、リサイクル料金は含まれておりません。別途必要となります。販売価格は正規ディーラーが独自に定めておりますので、お問い合わせください。
【見積りシミュレーションの減税について】
※減税の適用期間は自動車重量税は令和3年4月30日まで、自動車税は令和3年3月31日まで、環境性能割の優遇措置が令和2年9月30日までとなります。
※自動車重量税の減税額はオプションを含まない車両重量、メーカー希望小売価格をベースに試算しています。オプションをお選びいただくと、自動車重量税の軽減額が変わる場合があります。
※環境性能割は都道府県により運用が異なります。地域によっては減税額が異なる場合があります。
※自動車減税額については、翌年度の支払分が減税となります。ご購入時には、減税前の税額を月割でお支払いいただきます。
※本ウェブサイトのシミュレーション金額には、自動車税(グリーン税制)の減税分・環境性能割の課税分は反映されておりません。
※オプション選択などにより減税率が異なる場合や対象外となる場合があります。環境性能割は都道府県により運用が異なります。
※減税の内容に関しては、変更となる場合があります。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
※減税額はメーカー希望小売価格(オプションは含まず)をベースにした試算です 。地域により減税額が異なる場合があります。
※減税額は新・エコカー減税非対象車(13年未満の経年車)の税額を基準とした額を表示しています。

お使いのブラウザは当サイトに対応しておりません

こちらから対応ブラウザをダウンロードしてください

Fire Fox

Google Chrome