2.11.78.2, 2018-12-05 18:30:44
Passat TDI デビューフェア

Passat TDI デビューフェア

ディーゼルエンジンを搭載したPassat / Passat Variantが新たにラインアップ。2/17(土)・2/18(日)はデビューフェアへ。

Passat TDI/ Passat Variant TDI。より遠くへ、より長く乗るほど、Passat とディーゼルの相性の良さに気づくはずです。
これからはPassat / Passat Variantで、ディーゼルエンジンならではの快適な走りをお楽しみいただけます。クラストップレベルの馬力と低回転から湧き上がる力強いトルク(最大400Nm)により、気持ちいい加速と静かでなめらかな拘束クルージングを実現。さらに燃費に優れ、ロングドライブの楽しさを広げます。

image

ロングドライブを愉しむ人へ。

トルクフルでクリーンな新世代ディーゼルという選択。

独自のテクノロジーにより、ディーゼルエンジンの特性を最大限に引き出した2.0ℓTDI®エンジン。トルクフルなエンジンは発進時の加速や高速道路での合流など、軽くアクセルペダルを踏み込むだけで静かに気持ちよく加速します。

ディーゼルエンジンならではの、低回転域からの力強いトルクによる心地よい加速と高い経済性がもっと遠くまで、あなたをゆとりのあるロングドライブへと誘います。

image

2.0ℓ TDI®エンジン

コモンレール式燃料噴射システムと可動式ガイドベーン付ターボチャージャー、さらに低圧タイプEGRシステムを採用することで2.0ℓガソリン車並の140kW(190PS)のハイパワーを発揮するとともに、最大トルクにおいては圧倒的に上回る400Nm(40.8kgm)のトルクフルな走りを実現。

また、最先端の排気ガス浄化システムにより、世界的にも厳しいと言われる日本のポスト新長期規制にも適合しています。

もちろん安全性も最先端の安全装備が満載。荷室だって広々だから快適なドライブを心ゆくまで楽しめます。

  • 先進の安全技術

    ロングドライブをサポートする部分自動運転システムを搭載。

    例えば、車線を逸脱しないようステアリング操作をサポートするアシスト機能や、渋滞時のストレスを軽減する追従支援システムなど、最新のフォルクスワーゲンには先進テクノロジー機能がしっかりついています。1

    自動運転の基礎知識
  • 荷室

    Passat Variantの荷室の広さはステーションワゴンタイプで第1位。2

    Passat Variantの基本ラゲージ容量は650ℓ3という大容量。また、荷物の形状や量に合わせて室内をフレキシブルにアレンジできるから、旅行の荷物やスポーツ用品もしっかり収納でき、様々なシーンでの活躍が期待できます。

    写真はPassat Variant 2.0TSI R-Line。

  • 荷室

    Passatもステーションワゴンに匹敵する荷室の広さです。

    トランクルームは約586ℓ4,5という大容量を確保。旅行用の大きなスーツケースも余裕で積載でき通常サイズのゴルフバッグなら4個まで積み込めます。また、後席は分割可倒式シートを採用。トランクスルー機能も備えており、さまざまなアレンジが可能。後席を倒した場合は1,152ℓ4,5に。

1. このシステムは衝突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。システムを過信せず、十分な注意を払い安全な運転を心がけてください。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
2. 商用車を除く2017年12月現在。フォルクスワーゲン グループ ジャパン調べ。(他メーカーの車種情報に関しては、一般向けに配布されているカタログ、公式Webサイトなどのデータを参照しております。)
3. ISO測定法による。数値はドイツ公表値。
4. ISO測定法による。ドイツ公表値。
5. 数値は欧州仕様での比較となります。

その他の注目モデル

image
Golf DYNAUDIO Edition

Golfシリーズ、Tiguanに特別限定車「DYNAUDIO Edition」シリーズ登場。

めざしたのは音楽に包まれた上質な空間。

デンマークが誇るハイエンドスピーカーメーカーDynaudio(ディナウディオ)のプレミアムサウンドシステムを搭載した限定車「DYNAUDIO Edition」がデビュー。Dynaudioのクリアなサウンドを心ゆくまで楽しんでいただくために、インテリアにもこだわりました。

あなたのいちばんお気に入りの空間は、クルマの中になるかもしれません。

さあ、いちばん音楽の心地いい場所へ。