スペースミッション「ア!ポロ計画」が、ポロを大きく進化させました。

人類が未知なる領域へと向かうとき、そこにはいつも画期的な技術革新がありました。ポロも同じです。ポロの骨格を一新することによるボディ空間の最適化、名付けて“スペースミッション「ア!ポロ計画」”。これは、ティグアンやアルテオンにも使われる次世代プラットフォーム「MQB」をポロに導入することで、軽量化はもちろんパッケージングや足回りの進化、さらには搭載できる装備まで拡張させるというもの。この先進的なミッションの遂行により、ポロはクラスを超えた居住性、優れた走行安定性を獲得し、安全性の向上にまで成功しました。コンパクトカーに求められる性能をさまざまな角度から磨き上げて、大きな進化を遂げたポロ。新しい時代への“偉大なる第一歩”に向かって、今、走り出します。

ボディサイズ
見た目はコンパクト。中身は大容量。

運転しやすいサイズ感を保ちながら、いかに広いスペースを確保するか。それはコンパクトカーの宿命ともいうべき課題です。ポロはホイールベースを拡大することで、余裕のある居住空間を実現。後席の足元や頭上にも、ゆとりをもたらしました。

ゆとりの容量を実現したラゲージルーム
ホイールベースが広がったことで室内空間の向上

ホイールベースの拡大は室内空間を広くし、特に後席の快適性が向上しました。またラゲッジスペースも71ℓも拡大し、クラストップレベルの容量を確保。後席を倒せば1,125ℓもの大空間が出現します。ボディサイズが大きくなったのに、取り回しは変わらず機敏に行えます。もちろん安全性や快適性も大きく進化させています。

Performance

次世代プラットフォームとパワフルなエンジン
この安定した走りが、進化の証しです。

ポロの軽快な走りにも、「MQB」は生かされています。ティグアンやアルテオンにも使われているこのプラットフォームの特徴は、軽量かつ高剛性。骨格がしっかりしているから、高速道路での走行でも車体がふらつきにくく、安定した走りが味わえるのです。TSI R-Lineに搭載された新開発1.5ℓTSI®︎Evoエンジンの力強い走りと優れた燃費性能も、新たな魅力のひとつ。好みの走行モードが選べる機能も搭載しています。さらに、小排気量とは思えないパワフルな走りを発揮する、軽量化と効率化を追求した1.0ℓTSI®︎エンジンも設定しています。

シーンに合わせて選べる4つの走行モード

通常の「ノーマル」に加え、「エコ」「スポーツ」「カスタム」の各モードを 選択できます。選んだモードによって、 “Sport Select”のダンピング特性が調整されるだけでなく、ステアリング、 エンジン特性、ギヤボックスの制御プログラムも変更されます。様々な機能の設定を最適化させることで、お好みのドライビングスタイルが得られます。
シーンに合わせて選べる走行モード 
「エコ」:エンジン/シフトプログラムに加え、エアコンディショナーを省エネモードで作動。省燃費走行を可能にします。
「スポーツ」:エンジン/シフトプログラムに加え、ステアリングトルクやアクセルレスポンスを変更。スポーツドライビングを愉しめます。
「カスタム」:ACCやコーナリングライトの作動条件など、各機能を個別に制御。ドライバーのスタイルに合わせたカスタマイズが可能です。

TSI R-Lineに標準装備

Design

いろんな角度から、
新しいデザインを楽しんでください。

フロントフェイスは、水平に伸びたグリルがワイド&ローなフォルムを強調。精悍さがさらに引き立ちました。サイドボディの上下に走る精緻なプレスラインも、全身をさらに低重心に見せ、スポーティな存在感を印象づけています。インテリアでは、アクセントの効いた色や素材がダッシュパッドやシートを彩ります。さらにスイッチ類など細部の質感にもこだわり、ドライブがもっと心地よくなる室内に仕上げました。