Autonomous Driving

自動運転の基礎知識

自動運転レベルって何?
わかりにくい運転支援技術を詳しく解説

自動運転車が事故や渋滞を減らし、安全で快適な移動手段として私たちの生活に馴染む。そんな時代にもう少しで到達できそうです。

現在、多くのクルマにその自動運転の過程となる様々な技術が搭載されはじめてきました。交通事情と調和しながら進化してゆく自動運転技術。

その技術がこれから先どのように実用化されていくのか、一緒に見ていきましょう。

自動運転技術の進化

自動運転技術の進化

自動運転は、搭載される技術によって0〜5までのレベルに分けられており、現在国内では「レベル2」までが市販車に採用され、実用化が進んでいます。

「レベル2」までは、主に運転をサポートする技術であり、万一事故を起こした際の責任はドライバー側にあります。

一方「レベル3」以上は基本的にドライバーが操作を行う必要がないため、事故の責任はシステム(クルマ)側になると言われています。そのため「レベル3」以降の実用化は、政府を中心に法整備(事故時の責任など)やインフラの整備が必要です。

1.
自動運転レベルの定義は、首相官邸ホームページ「官民 ITS 構想・ロードマップ 2017」を参照
2.
2017年7月時点の情報です。
3.
レベル3は、システムの作動継続が困難な場合は運転者の対応が必要です。

各自動運転レベルで実現すること

レベル0

ドライバーがすべての操作を行う。

加減速やステアリングを含めたすべての操作をドライバーの判断で行います。

後方死角検知機能やABS(アンチロック・ブレーキシステム)など、ドライバーへの警告や介入に関する装備はレベル0の技術ですが、システムは運転操作に対しては関与しません。

level 0

レベル1

ステアリング操作か加減速のいずれかをサポートする。

車線の逸脱を検知するとステアリングを補正するシステムや、先行車との距離を一定に保つために自動で加減速を調整するACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)など、ステアリング操作と加減速の支援システムが相互連携しない技術を「レベル1」と呼びます。多くの新型車に採用されている、いわゆる運転支援システムです。

level 01 運転支援

「レベル1」の運転支援技術

レベル2

ステアリング操作と加減速の両方が連携して運転をサポートする。
公道最高水準(2017年7月時点)

ステアリング操作と加減速の両方を、連携しながら運転をサポートするのが「レベル2」の運転支援技術。例えば高速道路上での渋滞時、ストレスや疲労を大幅に減らすことができます。

この「レベル2」が現時点で公道最高水準の運転支援技術となっており、既にいくつかのメーカーからこの技術が搭載されたモデルが発売されています。

level 2 運転支援

「レベル2」の運転支援技術

渋滞時追従支援システム

渋滞時追従支援システム
 

一定の車間距離を維持×車線の逸脱を補正

渋滞時、走行レーンを維持しながら先行車を追従
停車後は先行車の動きを検知し再度発進

レベル3

特定の場所ですべての操作が自動化、緊急時はドライバーが操作。

高速道路など特定の場所においてクルマが交通状況を認知、運転に関わる全ての操作を行います。

ドライバーは運転から解放されますが、緊急時や自動運転システムが作動困難になった場合、ドライバーがクルマに代わって対応を求められるので、必ず運転席に着座している必要があります。

level 3 自動運転

レベル4

特定の場所ですべての操作が完全に自動化される。

レベル3同様、特定の場所に限りクルマが交通状況を認知して、運転に関わる全ての操作を行います。

さらにレベル4では、緊急時の対応も自動運転システムに操作を委ねます。自動運転システムを利用している限り、ドライバーの運転操作はもはや必要ありません。

level 4 自動運転

レベル5

あらゆる状況においても操作が自動化。ハンドルもアクセルも不要。

レベル4同様、クルマが交通状況を認知して、運転に関わる全ての操作を行います。さらにレベル5では、場所などの制限なくほぼ全ての条件で自動運転が可能。いわゆる「完全自動化」で、運転操作は全てクルマが担います。

シートアレンジやデザインの自由度が格段に上がり、本来のクルマの形とは全く違ったパーソナルモビリティへと進化します。リビングのような空間で、全ての乗員がくつろぎながら移動できる、安全で快適な移動手段として、クルマの意味合い自体が大きく変化するでしょう。

level 5 自動運転

自動運転 Q&A

最先端の運転支援技術
「レベル2」搭載モデル

フォルクスワーゲンは、コンパクトなハッチバックから7人乗りのMPVまで、多くのモデルに現行最高水準「レベル2」の運転支援技術を搭載しています。(2021年6月時点)先進のテクノロジーを装備したラインアップの中から、あなたに合ったクルマをご検討ください。

4.
グレードにより装備の設定が異なります。またオプション設定の場合がございます。詳細につきまして各モデルサイトをご確認ください。

The new Golf

The new Arteon Shooting Brake

The new Passat

The new Golf Variant

The new Arteon

The new Passat Variant

The new Passat Alltrack

The new Tiguan

The new Tiguan R

※掲載モデルのカラーやグレードは、在庫次第で販売が終了となるものもございます。詳しくは正規販売店までお問い合わせください。

購入をご検討中の方へ

ディーラー検索
お近くのディーラーをお探しください。

カタログリクエスト
あなたのお手元にカタログをお届けします。

試乗車/展示車検索
フォルクスワーゲンでは、2つの試乗をご用意しています。

お問い合わせ
ご意見・ご質問・ご要望は、カスタマーセンターまでご連絡ください。

見積りシミュレーション
カラーや装備など、ご希望にあわせてカスタマイズできます。

購入をご検討中の方へ

免責事項 by Volkswagen

  • 【見積りシミュレーションの月額表示について】
    ※見積りシミュレーションに表示される月額は残価設定型ローン ソリューションズにて算出しています。
    ※見積りシミュレーションに表示される金利・お支払い金額はあくまで参考例です。
    ※ソリューションズ提供会社はフォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社になります。
    ※表示された金利が適用されるのはフォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社の指定モデルに限ります。
    ※ご購入条件、登録時期、モデル・グレード等により別の金利及び別の据置価格が適用される場合もございます。
    ※お支払いプランにかかわる諸条件につきましては予告なく変更されることがございますのでご注意ください。
    ※「新車にお乗換え」「ご使用車両のご返却」の場合は、最終回のお支払いは不要となりますが、その際の車両の状態が事前に定められた規定外であった場合は、据置価格(最終回のお支払い額)と査定価格との差額分を別途ご負担いただきます。
    ※残価(最終回のお支払い額)を再分割でお支払いの場合の適用金利(実質年率)は、その時点での通常金利(実質年率)となります。
    ※再分割には当社所定の審査が必要となります。審査結果によっては再分割ができない場合がございます。
    ※再分割の対象金額(元本)は残価、据置額となります。頭金等の充当は承れません。
    ※通常金利は36回まで3.69%、60回まで3.79%、60回超で3.89%となります(2021年1月時点)。通常金利は予告なく変更される場合がございます。
    ※ソリューションズご利用額は万円単位となります。10,000円未満の端数は頭金に組み込まれます。
    ※実際の適用金利や適用期間等諸条件に関する詳しい内容は、正規ディーラーまでご確認下さい。
    ※一部お取扱いのない販売店もございます。
    ※ 掲載されている写真およびイラストは日本仕様と異なる場合があります。また、有料のオプション装備を装着している場合があります。
    ※ オプション設定の詳細につきましては、主要装備表をご確認ください。
    ※ 記載の仕様、諸元は予告なく変更することがありますのでご了承ください。
    【見積りシミュレーションの価格表示について】
    ※シミュレーション金額はご参考価格です。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
    ※表示のリサイクル料金は生産時期によって変わることがありますので、詳細は正規ディーラーまでお問い合わせください。
    ※ディーラーオプションの表示金額は商品本体の価格です。ETCセットアップ費用、取付工賃、塗装費用、タイヤ購入費(インチの異なるホイールを選択した場合)などは含まれておりません。別途それらの費用が必要となります。
    ※ディーラーオプションは予告なく仕様ならびに価格の変更および販売を終了する場合がございます。
    ※ディーラーオプションは在庫状況により、バックオーダーとなる場合がございます。
    ※本ウェブサイト内では選択可能なオプションが実際は選択できない、また逆に本ウェブサイト内では選択不可能なオプションが実際には選択できる場合があります。
    ※販売諸費用は正規ディーラーが独自に定めており、本ウェブサイトでの表示価格は参考価格です。
    ※自賠責保険料は、適用地域別(本土、沖縄、本土離島、沖縄離島の別)、車種別、保険期間別に定められています。本ウェブサイトでは、本土地域の自家用乗用37ヶ月で計算した参考価格です。
    ※画面に表示された価格、または画面自体をプリントアウトしたものに印刷された価格は、販売価格としての効力を有しません。
    ※表示価格は2021年10月1日現在の消費税込みメーカー希望小売価格(参考価格)です。オプション装着価格、付属品価格、保険料、税金(消費税を除く)、登録に伴う諸費用、リサイクル料金は含まれておりません。別途必要となります。販売価格は正規ディーラーが独自に定めておりますので、お問い合わせください。
    【見積りシミュレーションの減税について】
    ※減税の適用期間は自動車重量税は令和4年3月31日まで、自動車税は令和5年3月31日まで、環境性能割の優遇措置が令和5年3月31日までとなります。
    ※自動車重量税の減税額はオプションを含まない車両重量、メーカー希望小売価格をベースに試算しています。オプションをお選びいただくと、自動車重量税の軽減額が変わる場合があります。
    ※環境性能割は都道府県により運用が異なります。地域によっては減税額が異なる場合があります。
    ※自動車減税額については、翌年度の支払分が減税となります。ご購入時には、減税前の税額を月割でお支払いいただきます。
    ※本ウェブサイトのシミュレーション金額には、自動車税(グリーン税制)の減税分・環境性能割の課税分は反映されておりません。
    ※オプション選択などにより減税率が異なる場合や対象外となる場合があります。環境性能割は都道府県により運用が異なります。
    ※減税の内容に関しては、変更となる場合があります。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
    ※減税額はメーカー希望小売価格(オプションは含まず)をベースにした試算です 。地域により減税額が異なる場合があります。
    ※減税額は新・エコカー減税非対象車(13年未満の経年車)の税額を基準とした額を表示しています。