2.3.47.2, 2017-10-10 18:26:25
1

Tiguan.

1. 車両本体価格(税込)TSI Comfortline ¥3,636,000/TSI Highline ¥4,399,000/TSI R-Line ¥4,703,000

最先端のテクノロジーが、SUVの新たな時代を拓く。

時代の最先端のテクノロジーをまとい、Tiguanが進化した。先進の快適性と安全性を高次元で融合し、人とクルマのさらなる一体感を実現。いつもの都市を軽快に駆けるときも、日常を抜け出しステアリングを郊外へと向けたときも、様々なシーンで期待を満足させるSUVの多機能性を愉しみながら革新的な数々の装備が常にドライバーの意思に寄り添い、この上ないドライビング体験をもたらす。ドイツ販売台数 No.1 SUV Tiguan ティグアン(2008~2016年ドイツ国内コンパクトSUV販売台数No.1 当社調べ)

2. Photo:TSI Highline シート:サフラノオレンジ/レザー(NY) オプション装着車  写真は一部実際と異なる場合があります。 ※モニター画面はイメージです。

26枚の実車画像で徹底解説 ~ティグアン編~

  • ドイツでNo.1の販売実績を誇る、都会派コンパクトSUVのTiguan TSI Highlineをご紹介します。

    フォルクスワーゲン最新のデザインを採用しており、街乗りでもレジャーでも、さまざまなシチュエーションでもさらりと乗りこなせます。

  • この角度から眺めると、直線基調の端正なキャラクターラインがとってもスポーティに映ります。迫力のある造形ですが、運転してみると意外とコンパクト。市街地や道の狭い住宅地でも取り回しが楽なんです。

  • フロントから見ると、かたまり感のある、力強いプロポーションであることが分かります。

    HighlineとR-Lineには、LEDヘッドライトを採用。LEDは長寿命で省電力、加えて反応速度が早いので経済面でも安全面でもいいことだらけです。
    また、ボンネットには万が一の歩行者への衝突を緩和するアクティブボンネットを搭載していて、もしもの時でも被害を最小限に食い止めてくれます。

  • もうひとつのエクステリアの見所であるテールランプにも、フルLEDを採用。

    見た目も、とても精悍でクールですよね。

  • Highlineは18インチのホイールを装着。この車格だとバランスがいいです。
    リヤには、UVカット機能付きのダークティンテッドガラスを採用しています。エクステリアをキリッとスタイリッシュに見せるだけでなく紫外線をカットするので、エアコンの効きがいいんです。もちろん日焼け対策にもなりますから、特に女性の方には嬉しい装備ですよね。

  • 「コンパクトSUVのラゲージスペースは期待できない」と思っている方!Tiguan が誇る“荷室の広さ”をご覧ください!通常時615L3,4、リヤシートを全て倒せばなんと最大1,655L3,4を確保します。

    フォルクスワーゲンのラゲージで欠かせないのが、両手がふさがっていてもリヤゲートが自動でオープンする機能!キーを持っていれば、リヤバンパー下に足をかざすだけ。まとめ買いした時や雨の日など、何かと便利な機能です。

  • オプション装備で特にオススメしたいのがコレ!

    前席から後席まで続く大きな開口部は、電動パノラマスライディングルーフ。開口部が大きいので、格別な開放感が抜群です。UVカット機能や電動サンシェードも付いているので、日差しが気になる時でも安心ですよ。

  • 高出力と低燃費を両立した1.4L TSI®エンジン。
    フォルクスワーゲンがいち早く採用したダウンサイジングターボです。最新のテクノロジーを存分に投入し、街乗りでよく使う低回転域で150PSの最高出力と250Nmの最大トルクを発揮し、ぐいぐいと車体を加速させます。

    また、レスポンスに優れる軽快さも自慢のひとつ。ぜひ試乗で体感してみてくださいね。
    「物足りない」なんて絶対に思わせませんから。

  • Tiguan TSI Highlineのシートカラーは3種類から選べます!今回ご紹介するのはオプションのサフラノオレンジのレザーシート。発売後すぐに完売した“DYNAUDIO Edition”にも装備されていました。さらにシートヒーター付きです。また、ドアトリムや後部座席も同色でコーディネート。インテリアをスポーティーに彩ります。

    シートはやや硬めに造られています。これは人間工学に基づいており、長距離ドライブでも体の沈み込みを減らして疲労を軽減するための造りなんです。座り心地バツグンのシートですよ。

  • Tiguan TSI Highlineに限った話ではないですが、運転時の視野は十分な広さを確保。さらに、SUVは着座位置が高いのでアイポイントも高くなりますよ。

    また、静粛性にも優れているので、運転時の快適性には自信があります。

  • シフトレバーの奥には12Vの電源とUSBが装備されています。外出先でのスマートフォンの充電やキャンプ時の電源の確保など、さまざまな機会で重宝する装備です。

  • フォルクスワーゲンのデュアルクラッチトランスミッション“DSG”は、2つのクラッチを持つ、新世代のトランスミッションです。エンジンパワーを効率的に伝えるので低燃費にも貢献しますし、切れ目のないリニアな加速感はDSGならではの利点です。

    Highlineなら、パドルシフトも装備していますので、シフトアップ・ダウンでクイックなギアチェンジが可能。レーシングドライバーもびっくりの速さです。

  • エアコンは3つのゾーン(運転席、助手席、後席)を独立して設定が可能です。
    乗員ひとりひとりが快適に過ごせる気遣いが、このクルマにはありますね。

    また、花粉症の方は必見!ポリフェノールをコーティングしたアレルゲンフィルターを使ったアレルゲン除去機能が付いているんです。花粉症の季節も安心ですね。

  • ダッシュボード上には、小物入れがあります。サングラスなどをしまうのにちょうどいい大きさですよ。
    夏のドライブは眩しさに要注意ですので、こういった小物入れは意外と重宝します。

  • パーキングブレーキをいちいちかけるのが面倒な人にオススメしたいのが、このエレクトロニックパーキングブレーキ。

    オートホールド機能をONにすることで、停車時にブレーキペダルから足を離しても、ブレーキが維持されます。発進・停車を繰り返す街中での運転や坂道での発進に便利ですよ。

  • リヤビューカメラ“Rear Assist”は「駐車が苦手だな」という方に願ってもない装備です。後退時に、ディスプレイに後方の状況を表示して、ドライバーの視界を支援します。モニターのガイドラインに合わせて後退すれば、車庫入れや縦列駐車もかなり楽になるはずです。

  • アラウンドビューカメラ“Area View”は、周囲の状況を真上から見下ろしているかのような映像で確認できる機能。
    ボディについている4つのカメラが撮影した映像を合成して作り出しているんです。

    実際試してみると、クルマの四隅が確認できてすごく便利ですよ!

  • センターに用意されたナビゲーション“Discover Pro”は、画面に手のひらをかざして左右にスワイプするだけで操作できるジェスチャーコントロールを搭載しているので、左手での難しい動作も必要ありません。

    また、話題の“Apple CarPlay™”にも対応。AppleのスマートフォンをUSBでつなぐことで簡単に起動、連携することができます。5

  • ステアリングの左手側には、高速道路の走行に役立つアダプティブクルーズコントロール“ACC”のスイッチがあります。

    “ACC”とは、高感度なレーダースキャンで前方のクルマを測定し、車間距離を一定にとったまま追尾する機能です。長距離走行の際に使うと、やみつきになりますよ。6

  • 一方、ステアリング右手側のスイッチでは、 “Active Info Display”の設定を簡単に切り替えることができます。

    ドライバーは、ステアリングから手を離さずにあらゆる操作を行うことが可能ですよ。

  • “Active Info Display”は、高解像度の12.3インチディスプレイを採用!液晶だから、昼夜問わずとても見やすいんです。

    ここには、一般的な車速や回転数のほかにも、ナビゲーションや燃費、走行可能距離などドライバーにとって気になる情報が表示されるんですよ。

  • ドライバーの視界に仮想の画像を投影する“ヘッドアップディスプレイ”という機能をご存知でしょうか。運転中に前方から視線をそらすことなく、速度や警告、ナビゲーションなどあらゆる情報が表示されます。

    ボンネットの先端付近に画像が浮かぶのでドライバーの視線移動が少ないんです。疲労の軽減になるだけでなく、安全面にも貢献します。ぜひ装備したいオプションですよね。

  • ドリンクホルダーはスライドの蓋つきです。使用しない時は、蓋を閉めてスタイリッシュな雰囲気を保てます。

  • 後席には、簡易テーブルとドリンクホルダーを装備しています。ちょっとした食事やパソコン操作など、多目的に使えますよ。何かと重宝すること間違いなしです。

  • 足元には、スポーティさを演出する18インチのアルミホイール。都会的なデザインがとてもスタイリッシュですね。

  • ラゲージルームの左壁には100Vの電源を装備しています。キャンプやバーベキューなど、さまざまなシチュエーションで利便性を発揮します。あなた次第で、使い方は無限大。

    音楽を楽しんでみたり、照明を灯してみたりと、アクティビティの幅をグンと広げてくれますよ。

3. ISO測定法による。数値はドイツ公表値。
4. 数値は欧州仕様での比較となります。
5. Apple CarPlay™は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
6. これらのシステムは衝突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。システムを過信せず、十分な注意を払い安全な運転を心がけてください。 ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。

Information

Exterior

知性を秘めた胸躍るダイナミズム。均整のとれた美しいフォルム、Tiguanならではのフェンダーアーチの組み合わせなど、硬質的で力強い印象が、見るものの心を惹きつけます。

7. Photo:TSI R-Line ボディカラー:ディープブラックパールエフェクト(2T) 写真は一部実際と異なる場合があります。
8. Photo:TSI Highline ボディカラー:タングステンシルバーメタリック(K5)  写真は一部実際と異なる場合があります。
9. Photo:TSI R-Line ボディカラー:オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト(OR)/有償オプション 写真は一部実際と異なる場合があります。

Interior

気持ちを開放させる、自由に満ちたゆとり。広々とした車内空間が、開放的な空間を創出。3ゾーンフルオートエアコンディショナーなど各種機能が、快適なドライビングをサポートします。

10. Photo:TSI Highline シート:サフラノオレンジ/レザー(NY) オプション装着車  写真は一部実際と異なる場合があります。
2. Photo:TSI Highline シート:サフラノオレンジ/レザー(NY) オプション装着車  写真は一部実際と異なる場合があります。 ※モニター画面はイメージです。

Technology

先進テクノロジーが、未体験のドライビングを生む。

  • デジタルメータークラスター“Active Info Display”

    従来のアナログ型に代わるフルデジタルメータークラスター。

    TFT12.3インチ大型ディスプレイ。高解像度ディスプレイには速度計とタコメーターに加え、好みに合わせて数種類のモードから選択したグラフィックを表示できます。

    詳細はこちら
  • ジェスチャーコントロール

    手のジェスチャーで快適に画面操作が可能。

    タッチスクリーンに触れることなく、手のひらを画面にかざして 左右にスワイプするだけでラジオ選局などの操作を行えます。

    詳細はこちら
  • LEDヘッドライト

    従来のヘッドライトより長寿命を実現。

    日中の自然光に近いLEDの光が、より明るく夜道を照らしドライバーの疲労を減らします。ダイナミックコーナリングライト13機能も備えています。14

13. Highline、R-Lineに標準装備
14. Highline、R-Lineに標準装備 Comfortlineにオプション設定(Comfortlineは形状が異なります)
11. 写真は一部実際と異なる場合があります。
12. モニター画面はイメージです。
15. Photo:TSI R-Line オプション装着車 写真は一部実際と異なる場合があります。 ※モニター画面はイメージです。

Infotainment

最新のネットワーク環境に対応した、次世代のインフォテイメントシステムを搭載。

  • Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”

    車両を総合的に管理する次世代のインフォテイメントシステム。

    9.2インチ大型全面タッチスクリーンを採用。
    車両を総合的に管理するインフォテイメントシステムです。ジェスチャーコントロール搭載。

    詳細はこちら
  • モバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”

    ドライビングに役立つ様々な情報をリアルタイムで。

    全国の交通情報やガソリンスタンド、駐車場などのインフラ情報、ニュースなどの生活情報がステアリングを握ったまま、いつでも入手可能。カーライフをよりスマートで豊かに。

    詳細はこちら
  • Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Composition Media”

    多彩な機能で快適なドライビングをサポート。

    フォルクスワーゲン車専用に開発されたオーディオシステムを採用。このシステムでは、ドライビングプロファイルを初めとする機能の設定変更や、エコドライブのアシスト機能などが8インチの大型タッチスクリーンで操作可能。

    詳細はこちら
12. モニター画面はイメージです。
11. 写真は一部実際と異なる場合があります。

Safety

「安全性はすべてに優先する」。Volkswagenの大切な理念のひとつです。

  • 渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”

    渋滞のストレス軽減。

    交通渋滞時やストップ&ゴーの多い状況において、システムは自動的にアクセル、ブレーキおよびステアリングを制御*し、渋滞時や長距離移動におけるドライバーの疲労やストレスを和らげます。

    詳細はこちら
  • アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)

    安全な車間距離を常にキープ。

    高感度なレーダースキャンにより先行車を測定。あらかじめ設定されたスピードを上限に自動で加減速を行い、一定の車間距離を維持することで、長距離走行などでのドライバーの疲労を低減させます。

    詳細はこちら
  • レーンキープアシストシステム“Lane Assist”

    車線逸脱しないようドライバーをサポート。

    フロントガラス上部に設置されたカメラにより走行中の車線をモニタリング。

    詳細はこちら
  • プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)

    前方の車や歩行者を検知して衝突被害軽減をサポート。

    衝突の危険が予測される場合には、ブレーキ圧を高めてスタンバイ状態を保持するとともに、ドライバーに警告音・警告灯による注意喚起。ドライバーが回避操作を行わない場合には、自動で車両を減速させて衝突の被害を軽減します。

    詳細はこちら
  • レーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus”

    安全な車線変更をサポート。

    リヤバンパー左右のレーダーセンサーにより車両後方約70mまでの範囲で周辺の状況をモニタリング。

    詳細はこちら
  • ダイナミックコーナリングライト

    ステアリングの動きに連動して照射。

    ロービームを点灯し10km/h以上でカーブを走行する際、ステアリング操作に連動して作動。

    詳細はこちら
  • スタティックコーナリングライト

    歩行者の安全も守る。

    低速でカーブを曲がる時に、ステアリングの舵角およびウインカーと連動して点灯。

    詳細はこちら
  • ダイナミックライトアシスト

    対向車への眩惑を軽減。

    フロントカメラで対向車・先行車の位置や距離を算出し、その結果に基づき、適切な状態でヘッドライトの照射エリアを細かく調整。

    詳細はこちら
  • リヤビューカメラ“Rear Assist”

    バック時の後方視認をサポート。

    ギヤをリバースに入れると車両後方の映像を映し出します。画面にはガイドラインが表示され、車庫入れや縦列駐車などの際に安全確認をサポートします。

    詳細はこちら
  • アラウンドビューカメラ“Area View”

    周囲の状況を映像で確認。

    運転席からでは視認しにくい周囲の情報を、映像で提供するシステム。フロント・左右サイド・リヤの4台のカメラにより、車両を上空から見下ろしているような合成画像をディスプレイに表示。

    詳細はこちら
  • 駐車支援システム“Park Assist”

    入庫から出庫まで駐車の一部始終をサポート。

    縦列駐車・車庫入れの駐車時に、駐車可能スペースの検出とステアリング操作を自動で行い、駐車をサポートするシステムです。

    詳細はこちら
  • ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”

    運転の疲れを気づかせてくれる。

    ドライバーのステアリング入力や角度をモニタリング。疲労や眠気による急なステアリング操作など、通常の運転パターンと異なる動きを検知して、表示と警告音で休憩を促します。17

  • パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、後退時衝突軽減ブレーキ機能付)/オプティカルパーキングシステム

    駐車時の障害物を検知。

    センサーにより障害物などを検知してディスプレイと警告音で知らせるシステム。

    詳細はこちら
  • リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)

    出庫時の後方の安全確認をサポート。

    バックで出庫する際の安全性を大幅に高めるシステムです。

    詳細はこちら
  • プロアクティブ・オキュパント・プロテクション

    事故を予測して、万が一の時に備える。

    事故が起きる可能性を予測し、早い段階で乗員保護機能の作動に備えるのがプロアクティブ・オキュパント・プロテクション。

    詳細はこちら
  • サポカー

    Tiguanは国が定める安全運転サポート車「サポカー」対象車です。

    セーフティ・サポートカー(サポカー)とは、自動ブレーキを搭載した、すべての運転者に推奨する自動車です。

    詳細はこちら
16. イラストは、機構説明用につき実際のものとは一部異なります。
12. モニター画面はイメージです。
17. このシステムはドライバーの疲労をどのような状況でも検知できるわけではありません。カーブ走行時、車速、道路、天候状況によってはご使用になれない場合があります。
19. Photo:TSI R-Line ボディカラー:オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト(OR)/有償オプション  写真は一部実際と異なる場合があります。

Performance

革新のテクノロジーにより、優れた走行性能と環境性能を両立。

  • 1.4ℓ TSI®エンジン

    高出力と低燃費を両立した1.4ℓ TSI®エンジン。

    小型の水冷式インタークーラー付ターボチャージャーを搭載した「直噴+過給」システムのパワーユニットは、5,000~6,000rpmで110kW(150PS)の最高出力を、また1,500~3,500rpmで250Nm(25.5kgm)の最大トルクを発揮。

    詳細はこちら
  • DSG®トランスミッション

    2つのクラッチを持ち、切れ目のない滑らかな加速を実現。

    オートマチックトランスミッションと同様の簡単な操作で0.03~0.04秒22というレーシングドライバー並みのシフトチェンジを実現しました。

    詳細はこちら
  • ドライビングプロファイル機能13

    通常の「ノーマル」に加え、シーンに合わせた選択が可能。

    さまざまな機能の設定を 最適化させ、お好みのドライビングスタイルが得られます。

    詳細はこちら
  • BlueMotion Technology

    エネルギーを無駄なく、効率的に利用する環境技術。

    自動的にアイドリングをストップし、燃費を良くする “Start/Stopシステム” とバッテリーへの充電を効率良くおこなう “ブレーキエネルギー回生システム”

    詳細はこちら
13. Highline、R-Lineに標準装備
11. 写真は一部実際と異なる場合があります。
20. Photo:TSI R-Line ボディカラー:オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト(OR)
21. 有償オプション
22. 当社調べ。
23. Photo:TSI R-Line ボディカラー:ピュアホワイト(0Q)

Equipment

最先端の先進装備が、最上のドライビングをサポートする。

  • スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”

    キー操作なしでドアロックの作動・解除やエンジンの始動・停止が可能。

    ポケットや鞄の中のキーを感知し、ドアハンドルに手をかけるとドアのロックが解除。コンソールのスタートボタンを押すだけで、エンジンの始動・停止ができます。

    詳細はこちら
  • 3ゾーンフルオートエアコンディショナー(アレルゲン除去機能付)

    運転席、助手席、後席の3つのゾーンで独立して設定可能。

    内気とウインドーガラスの温度差や室内の湿度をモニターすることで、フロントウインドーの曇りを抑えます。

    詳細はこちら
  • シートヒーター

    運転席/助手席/後席左右に搭載。

    運転席、助手席、後席左右に内蔵されたヒーターで、寒い日にも快適なドライブが楽しめます。

    詳細はこちら
  • カミングホーム&リービングホーム

    暗い場所での乗降時に、足もとを明るく照らす。

    夜間など暗い場所での乗降時に、ヘッドライトやドアミラー下のランプが一定時間点灯し、足もとを明るく照らします。

  • フォグランプ

    悪天候時の視界確保と、後続車への注意喚起に役立つ。

    濃霧や雨などによる悪天候時の視界確保と、後続車への注意喚起に役立ちます。

  • LEDテールランプ

    後続車からの視認性を高めて追突の危険性を軽減。

    ブレーキを踏むとLEDによるはっきりとしたグラフィックを描き出し、後続車からの視認性を高めて追突の危険性を軽減します。

    詳細はこちら
  • 電動パノラマスライディングルーフ

    室内に心地よい光と風、開放感をもたらす。

    前席から後席まで続く大きな開口部が、室内に心地よい光と風、そして開放感をもたらします。強すぎる陽射しを軽減するサンシェード、紫外線から守るUVカット機能付き。26

  • ダークティンテッドガラス

    陽射しを抑え、プライバシーを確保。

    室内の快適さや安心感を高めます。紫外線対策にも配慮し、UVカット機能付ガラスを採用しました。

  • シルバールーフレール

    アウトドア用品などの積載に便利。

    純正アクセサリーのキャリングロッドを簡単に取り付けることができます。また流麗なルーフラインを強調し、エクステリアをスタイリッシュにします。13

  • 自動防眩ルームミラー

    自動的に反射を減光。

    後続車両のライトの光量に応じて、自動的に反射を減光します。

  • オートライト/レインセンサー

    フロントウインドー上部のセンサーで、車外の明るさや雨を感知。

    オートを選択することで、自動でヘッドライトを制御し、ワイパーの作動間隔を調整します。

26. Highlineにオプション設定
13. Highline、R-Lineに標準装備
11. 写真は一部実際と異なる場合があります。
25. Photo:TSI Highline シート:サフラノオレンジ/レザー(NY) オプション装着車
10. Photo:TSI Highline シート:サフラノオレンジ/レザー(NY) オプション装着車  写真は一部実際と異なる場合があります。

Tiguan TSI R-Line

28. Photo:TSI R-Line ボディカラー:オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト(OR)/有償オプション オプション装着車 写真は一部実際と異なる場合があります。

Lineup

  • Tiguan TSI R-Line

    アルミ調ペダルや専用ドアシルプレートなど、細部までこだわり、洗練された力強さにあふれたスポーティマインドが息づくモデル。
    車両本体価格(税込)¥4,703,000~

    詳細はこちら
  • Tiguan TSI Highline

    デジタルメータークラスター“Active Info Display”やモバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net”など、先端テクノロジーが装備され、生まれ変わったTiguanの先進装備の数々を堪能できるモデル。
    車両本体価格(税込)¥4,399,000~

    詳細はこちら
  • Tiguan TSI Comfortline

    アダプティブクルーズコントロール"ACC"などの安全・快適装備が標準装備されたモデル。
    車両本体価格(税込)¥3,636,000~

    詳細はこちら

Option Package

セーフティパッケージ
16

Tiguan TSI Comfortline

セーフティパッケージ

(税込) ¥151,200

最先端の安全技術をプラス。

詳細はこちら
16. イラストは、機構説明用につき実際のものとは一部異なります。
テクノロジーパッケージ
12, 11

Tiguan TSI Highline、Tiguan TSI R-Line

テクノロジーパッケージ

(税込) ¥302,400

先進装備が、あなたのドライビングをサポート。

詳細はこちら
12. モニター画面はイメージです。
11. 写真は一部実際と異なる場合があります。
アップグレードパッケージ
11

Tiguan TSI Comfortline

アップグレードパッケージ

(税込) ¥205,200

より明るく夜道を照らしドライバーの疲労を減らすLEDヘッドライトなどを装備。

詳細はこちら
11. 写真は一部実際と異なる場合があります。
レザー&パノラマルーフパッケージ
11

Tiguan TSI Highline

レザー&パノラマルーフパッケージ

(税込) ¥432,000

ルーフやレザーシートなど、ドライブを快適にする装備をプラス。

詳細はこちら
11. 写真は一部実際と異なる場合があります。
純正インフォテイメントシステム"Discover Pro"パッケージ
12, 11

Tiguan TSI Comfortline

純正インフォテイメントシステム"Discover Pro"パッケージ

(税込) ¥226,800

スマートフォンと連携できる、次世代のインフォテイメントシステム。

詳細はこちら
12. モニター画面はイメージです。
11. 写真は一部実際と異なる場合があります。

Body Color

Seats

Catalog

Tiguanを検討している方は、こちらのモデルも検討しています。

購入をご検討中の方へ