2.19.100.1, 2019-09-24 11:32:22

Now reading: フォルクスワーゲンファン最大の祭典GTIミーティング「ヴェルターゼー」

今年の6月に第38回目を迎えた世界最大級のオーナーズミーティング「ヴェルターゼー」。オーストリア南部、ヴェルター湖のほとりには、各地から自慢のオーナーズカーが大集結します。

1982年に100人程度ではじまったGTIファンのミーティングも年々規模を拡大し、今や20万人が集まる一大祭典に。

開催中は個性的なクルマが街中に並べられ、メイン会場ではさまざまな催し物も。街をあげてのイベントはまるで野外フェスのような賑わいです。

カスタマイズされたクルマが街のいたるところに並べられ、開催中はライブステージや出店、そしてフォルクスワーゲンによるコンセプトカーのワールドプレミアなど、クルマ好きにとってはたまらないイベントが街を上げておこなわれます。

見どころの1つは、ヨーロッパ中から集結するオーナーズカー。カスタム・チューニング・旧車とバラエティに富んだクルマが街中を彩ります。

個性あふれるカスタマイズを眺めるのもよし、ファン同士で親睦を深めるのもよし、「クルマが好き」という共通の趣味でさまざまな国や地域の人々が交流するカルチャーはヴェルターゼーならではの世界観といえるでしょう。

毎年GTIファンが心待ちにしているものの1つがフォルクスワーゲンが特別に用意したスペシャルモデルの初お披露目。

実物を一目見ようと世界中からファンが駆けつけます。

2019年はホログラムで操作可能なオーディオシステムを搭載した「ゴルフ GTI オーロラ」や、最大400馬力を発揮する「ゴルフ R ヴァリアント ファイター」が会場を盛り上げました。

WTCR(FIA世界ツーリングカー・カップ)に参戦しているレーシングカー・ゴルフ GTI TCRのロードゴーイング版が日本でもいよいよデビユー。

290馬力までパワーアップした専用2.0ℓエンジンや「アクラポヴィッチ」チタンエキゾーストなどの専用パーツを装備したGTI史上最速の名を冠した特別限定車。

風光明媚なヴェルターゼーの景色をモチーフにフランス在住のローランス・ベンツがデザイン。TCR専用のキー入れとしても使えます。

ローランス・ベンツ:フランス・ストラスブールを拠点に活動するイラストレーター。美術学校在学中に自分のスケッチを雑誌掲載し始め、現在フリーランスとして商業施設・広告・出版をはじめ幅広いジャンルで活躍している。ファッショナブルでユーモアなセンスとポップなカラーリングが特徴的。また、日本で個展を開くなど親日家でもあり日本のクライアントも多数。

会員制ヘリ捜索サービス「ココヘリ」から、新登場したスマホとつながるビーコン「LIFE BEACON」。TCRオーナー専用の限定オリジナルデザインです。Bluetooth通信により最大200mのエリアをスマホアプリでサーチ可能。ついつい忘れがちな駐車位置をはじめ、失くしやすい荷物や大はしゃぎのお子様の位置確認など、さまざまなシーンで「お守り」として活躍します。

「LIFE BEACON」は、通常年会費として2,500円がかかりますが、GTI TCRご成約者への特典として本ツールを1年間無償でお使いいただけます。

「ココヘリ」は、24時間365日対応、発見率100%の山での「もしも」に備える、会員制の捜索ヘリサービスです。会員証を兼ねた発信機から出る電波を、ヘリコプターでキャッチし、遭難者の位置を特定。最長16km先の電波を捉え、ピンポイントで遭難者を見つけ出します。

001/600~600/600のシリアルナンバーが刻印された特別プレート。

※ナンバーの指定はできません。

Volkswagen GTI Series

標準仕様GTI+15馬力。

専用19インチホイールと大径ブレーキ。さらに磨き上げられた特別なGTI。

瞬く間に完売したup! GTI第二弾。

プレミアムサウンドシステムやリヤビューカメラなどを搭載し、さらに魅力がアップ。

伝統のレッドラインと最新のデイライト。

少し先のスタンダードを見つめて進化したポロ GTI。