Polo

ゆとりのある快適なコンパクトカー。
Polo

 

 

The new Poloまもなくデビュー

今ならオプションサポート5万円、予約注文キャンペーン実施中!
キャンペーン応募者限定で、新型ポロの情報をいち早くお届けします。
お気軽にご応募ください。

スペースミッション「ア!ポロ計画」が、ポロを大きく進化させました。

人類が未知なる領域へと向かうとき、そこにはいつも画期的な技術革新がありました。ポロも同じです。ポロの骨格を一新することによるボディ空間の最適化、名付けて“スペースミッション「ア!ポロ計画」”。これは、ティグアンやアルテオンにも使われる次世代プラットフォーム「MQB」をポロに導入することで、軽量化はもちろんパッケージングや足回りの進化、さらには搭載できる装備まで拡張させるというもの。この先進的なミッションの遂行により、ポロはクラスを超えた居住性、優れた走行安定性を獲得し、安全性の向上にまで成功しました。コンパクトカーに求められる性能をさまざまな角度から磨き上げて、大きな進化を遂げたポロ。新しい時代への“偉大なる第一歩”に向かって、今、走り出します。

ボディサイズ
見た目はコンパクト。中身は大容量。

運転しやすいサイズ感を保ちながら、いかに広いスペースを確保するか。それはコンパクトカーの宿命ともいうべき課題です。ポロはホイールベースを拡大することで、余裕のある居住空間を実現。後席の足元や頭上にも、ゆとりをもたらしました。

ゆとりの容量を実現したラゲージルーム
ホイールベースが広がったことで室内空間の向上

ラゲージスペースがもう少し広ければいいのに…。
そんな声にポロは、最新の技術を使い、ゆとりの室内と余裕のラゲージスペースを実現しました。
少しのサイズアップで、お客様のあとちょっとを満たすためのプラス。
ゆとりのある快適なコンパクトカーと言えば、正解はポロです。

Performance

次世代プラットフォームとパワフルなエンジン
この安定した走りが、進化の証しです。

ポロの軽快な走りにも、「MQB」は生かされています。ティグアンやアルテオンにも使われているこのプラットフォームの特徴は、軽量かつ高剛性。骨格がしっかりしているから、高速道路での走行でも車体がふらつきにくく、安定した走りが味わえるのです。TSI R-Lineに搭載された新開発1.5ℓTSI®︎Evoエンジンの力強い走りと優れた燃費性能も、新たな魅力のひとつ。さらに、小排気量とは思えないパワフルな走りを発揮する、軽量化と効率化を追求した1.0ℓTSI®︎エンジンも設定しています。

1,210kgの軽量ボディに、ゆとりの最高出力150PSを発揮する1.5ℓTSI® Evoエンジンを搭載。

先進のエンジンテクノロジーを投入した、日本初搭載の新型4気筒直噴ターボガソリンエンジンです。効率的なコモンレール直噴技術を採用し、ターボチャージャーの過給により最高出力150PSを発揮。また250Nmの最大トルクを1,500rpmの低回転域から発生させ、余裕のある走りを実現しています。さらに、気筒休止システム アクティブシリンダーマネジメント(ACT)により、燃料消費と排出ガスの低減にも貢献しています。

TSI R-Lineに搭載

Design

いろんな角度から、
新しいデザインを楽しんでください。

フロントフェイスは、水平に伸びたグリルがワイド&ローなフォルムを強調。精悍さがさらに引き立ちました。サイドボディの上下に走る精緻なプレスラインも、全身をさらに低重心に見せ、スポーティな存在感を印象づけています。インテリアでは、アクセントの効いた色や素材がダッシュパッドやシートを彩ります。さらにスイッチ類など細部の質感にもこだわり、ドライブがもっと心地よくなる室内に仕上げました。

ボディサイドに走る鋭角なプレスラインが個性を主張

ポロはティグアンやアルテオンの流れを汲む、フォルクスワーゲンの新世代デザインを採用しました。ボンネットのエッジの効いた二本のラインが強い個性を主張。新デザインのフロントバンパーはボンネットを低く見せ、ワイド感を強調します。さらにサイド上下を走るトルネードラインは、より低重心に見せスポーティさを増しています。

使いやすく進化。
クラスを超えたデジタルコックピット。

デジタルメーター*とインフォテイメントのディスプレイを同じ高さに配置した水平基調のデザイン。視線移動が少なく、直感的に使える優れた操作性を実現しました。またエアコンの吹き出し口をダッシュボード下にレイアウトすることで、視界も広くなり安全性も確保。さまざまなデジタル化、ネットワーク化が進んでも、ポロにはシンプルに運転に集中できる使いやすさがあります。

*デジタルメータークラスター“Active Info Display” は、TSI Comfortline、TSI Highline、TSI R-Lineにオプション設定。

フロントフェイスをシャープに演出する
LEDヘッドライト

高い視認性を確保しながら、消費電力の少なさと長寿命を実現させたLEDヘッドライトを採用。ヘッドライトのON/OFFにかかわらず、エンジンONで点灯し、歩行者からの視認性を高めて安全に寄与します。デザインにおいても、クルマの先進性をイメージさせるアクセントになっています。

TSI Comfortline、TSI Highline、TSI R-Lineに標準装備

Infotainment

“Discover Media”

タッチスクリーンとダイヤルによる高い操作性はそのままに、通信モジュール(eSIM)を新たに内蔵し、常時オンライン化を実現。


*2020年44週以降生産車両が対象となります。

TSI Comfortline、TSI Highline、TSI R-Lineにオプション設定

Technology

安全性をひとつ先まで考える。


フォルクスワーゲンでは、すべてのクルマに世界トップレベルの安全技術を標準装備。予防安全・衝突安全・二次被害防止の3つのステージで総合的に危険を回避する数々の技術を搭載しています。

カタログリクエスト

カタログ冊子をあなたのお手元にお届けいたします。
手にとってじっくりご覧になりたい方は下記リンクよりお申込みください。
PDF形式でサンプルをご覧いただくことも可能です。

Choose your Polo

装備やカラーラインナップから、あなた好みのカスタマイズをお選びください。

Poloのグレードを選択

試乗車・展示車検索

世界で、日本で、愛され続けるフォルクスワーゲンの魅力を試乗で体験しませんか?あなたの目で、手で、全身で確かめてください。

Lineup

Polo TSI R-Line

ゆとりのパワーを発揮する新開発の1.5ℓTSI® Evoエンジンと、コーナリング性能を高める電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”を搭載。専用のフロントバンパー、エッジの効いたデザインの17インチアルミホイール、専用リヤバンパーのツインエキゾーストフィニッシャー、スポーティさを強調するリヤスポイラーやサイドスカートのエアロパーツなど、さまざまなR-Line専用装備が機能美を感じさせるエクステリアを演出します。走りや上質感を求める人への、ポロの新しい選択肢です。

Polo TSI Highline

安全なドライブをサポートするアダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)、便利なスマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”を標準装備。LEDヘッドライトをはじめ、フロントフォグランプ、16インチアルミホイールなどがスタイリングをアップグレードしています。

Polo TSI Comfortline

LEDヘッドライトや便利なスマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”、車庫入れや縦列駐車などに役立つリヤビューカメラ“Rear Assist”を標準装備。ポロの進化をしっかり実感いただけるモデルです。

Polo TSI Trendline 

夜の乗降時にヘッドライトが点灯するカミングホーム&リービングホームや、手元でオーディオなどの操作ができるマルチファンクションステアリングホイールなどの便利な装備を搭載。歩行者検知対応のプリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”、アクティブボンネットも備えています。
デイタイムランニングライト*1、オートライト、ダークティンテッドガラス、レインセンサーも標準装備しています。
ポロの基本性能を体感いただける身近な一台です。

*1:フロントバンパーのサイドライトが点灯します

Polo GTI

ホットハッチと呼ばれる、フォルクスワーゲンのスポーツモデルGTI。コンパクトなボディに200馬力のエンジンと、GTI専用のスポーツサスペンションを搭載。高速走行やワインディングでの楽しさはもちろん、街乗りからロングドライブも思いのまま。洗練されたデザインと走りにこだわりながら、使いやすさや先進装備も満載した新しい時代のGTIです。

Information

※本ページ掲載写真は日本仕様のモデルと細部で異なる場合があり、一部イメージ画像も含まれます。
※本ページ掲載写真のモニター画面はイメージです。

免責事項 by Volkswagen

  • 【見積りシミュレーションの月額表示について】 ※見積りシミュレーションに表示される月額は残価設定型ローン ソリューションズにて算出しています。 ※見積りシミュレーションに表示される金利・お支払い金額はあくまで参考例です。 ※ソリューションズ提供会社はフォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社になります。 ※表示された金利が適用されるのはフォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社の指定モデルに限ります。 ※ご購入条件、登録時期、モデル・グレード等により別の金利及び別の据置価格が適用される場合もございます。 ※お支払いプランにかかわる諸条件につきましては予告なく変更されることがございますのでご注意ください。 ※「新車にお乗換え」「ご使用車両のご返却」の場合は、最終回のお支払いは不要となりますが、その際の車両の状態が事前に定められた規定外であった場合は、据置価格(最終回のお支払い額)と査定価格との差額分を別途ご負担いただきます。 ※残価(最終回のお支払い額)を再分割でお支払いの場合の適用金利(実質年率)は、その時点での通常金利(実質年率)となります。 ※再分割には当社所定の審査が必要となります。審査結果によっては再分割ができない場合がございます。 ※再分割の対象金額(元本)は残価、据置額となります。頭金等の充当は承れません。 ※通常金利は36回まで3.69%、60回まで3.79%、60回超で3.89%となります(2021年1月時点)。通常金利は予告なく変更される場合がございます。 ※ソリューションズご利用額は万円単位となります。10,000円未満の端数は頭金に組み込まれます。 ※実際の適用金利や適用期間等諸条件に関する詳しい内容は、正規ディーラーまでご確認下さい。 ※一部お取扱いのない販売店もございます。 ※ 掲載されている写真およびイラストは日本仕様と異なる場合があります。また、有料のオプション装備を装着している場合があります。 ※ オプション設定の詳細につきましては、主要装備表をご確認ください。 ※ 記載の仕様、諸元は予告なく変更することがありますのでご了承ください。 【見積りシミュレーションの価格表示について】 ※シミュレーション金額はご参考価格です。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。 ※表示のリサイクル料金は生産時期によって変わることがありますので、詳細は正規ディーラーまでお問い合わせください。 ※ディーラーオプションの表示金額は商品本体の価格です。ETCセットアップ費用、取付工賃、塗装費用、タイヤ購入費(インチの異なるホイールを選択した場合)などは含まれておりません。別途それらの費用が必要となります。 ※ディーラーオプションは予告なく仕様ならびに価格の変更および販売を終了する場合がございます。 ※ディーラーオプションは在庫状況により、バックオーダーとなる場合がございます。 ※本ウェブサイト内では選択可能なオプションが実際は選択できない、また逆に本ウェブサイト内では選択不可能なオプションが実際には選択できる場合があります。 ※販売諸費用は正規ディーラーが独自に定めており、本ウェブサイトでの表示価格は参考価格です。 ※自賠責保険料は、適用地域別(本土、沖縄、本土離島、沖縄離島の別)、車種別、保険期間別に定められています。本ウェブサイトでは、本土地域の自家用乗用37ヶ月で計算した参考価格です。 ※画面に表示された価格、または画面自体をプリントアウトしたものに印刷された価格は、販売価格としての効力を有しません。 ※表示価格は2021年10月1日現在の消費税込みメーカー希望小売価格(参考価格)です。オプション装着価格、付属品価格、保険料、税金(消費税を除く)、登録に伴う諸費用、リサイクル料金は含まれておりません。別途必要となります。販売価格は正規ディーラーが独自に定めておりますので、お問い合わせください。 【見積りシミュレーションの減税について】 ※減税の適用期間は自動車重量税は令和5年4月30日まで、自動車税は令和5年3月31日まで、環境性能割の優遇措置が令和5年3月31日までとなります。 ※自動車重量税の減税額はオプションを含まない車両重量、メーカー希望小売価格をベースに試算しています。オプションをお選びいただくと、自動車重量税の軽減額が変わる場合があります。 ※環境性能割は都道府県により運用が異なります。地域によっては減税額が異なる場合があります。 ※自動車減税額については、翌年度の支払分が減税となります。ご購入時には、減税前の税額を月割でお支払いいただきます。 ※本ウェブサイトのシミュレーション金額には、自動車税(グリーン税制)の減税分・環境性能割の課税分は反映されておりません。 ※オプション選択などにより減税率が異なる場合や対象外となる場合があります。環境性能割は都道府県により運用が異なります。 ※減税の内容に関しては、変更となる場合があります。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。 ※減税額はメーカー希望小売価格(オプションは含まず)をベースにした試算です 。地域により減税額が異なる場合があります。 ※減税額は新・エコカー減税非対象車(13年未満の経年車)の税額を基準とした額を表示しています。